放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

放射能から子どもたちを守るために意見交換をする場所とする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2016年10月例会の案内

放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」か ら の お 知 ら せ
福島県では、子どもの甲状腺がん多発
9.14宮城県議会は、子どもの放射能健診を求める請願を不採択!
 9月14日開会の宮城県議会9月定例会は、子どもを対象にした放射能被ばくの健康調査を求める請願を不採択としました。2012年の6月定例会では放射能対策の強化を求める請願を全会一致で採択しましたが、県のとりくみは一向に進まずに今日まで来る中での今回請願でした。今回は、十分な審議もせず、自民党・県民会議(32人)、公明党県議団(4人)、21世紀クラブ(1人)が反対し不採択になりました。(請願賛成の議員は22人)
 100万人に1人と言われている子どもの甲状腺がんは、すでに177人になっており、福島県での172人に加え、宮城県丸森町で2人、茨城県北茨城市で3人ですが、これからますます増えていくことが懸念されています。
 チェルノブイリ(ロシア、ウクラウナ、ベラルーシ)では、この30年間、チェルノブイリ法の下、しっかりとした甲状腺をはじめとした放射能健診が、大人も含め行われ、いのちと健康を守ってきています。親の心配や不安を頭から否定し、重大かつ過酷であった福島原発事故の影響を不問とするような今回の請願不採択を容認することはできません。県民の健康・安全を第一にした健康福祉対策を充実させるためにこそ力を発揮すべき県議会の任務を放棄し、県の行政に屈服したことになる請願不採択の撤回を強く求めます。
2016年10月例会㊺「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場
10月8日(土)午前10時~11時半
(当会の総会を11時45分より行うためいつもより短縮します。)
資料代300円 
場所 栗原市市民活動支援センター
(栗原市築館総合支所2階支援センター多目的室)
(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060)
テーマ ① 放射能被ばくの強要に対処する(いのちと健康・食の問題を中心に)
放射能は生命と相容れません。どんな微量でも放射能の被害は出てきます。放射性指定廃棄物の8000ベクレル/㎏は、何の根拠もなく危険です。国は、3.11以前の放射性汚染物を取り扱う基準100ベクレル/㎏を80倍の8000ベクレル/㎏にしました。
国は、8000ベクレル/㎏以下の汚染土を全国の公共事業に使い、全国に放射能被ばくを強い、環境を汚染しようとしています。
5年経ったこれから本格的な健康被害の広がりが、子どもたちの甲状腺ガン以外でも、大人も含め、福島県以外でも懸念されてきています。東日本広域の健康調査が必要です。また、食のベクレル情報の交換、提示や食の検査体制の問題を話し合います。
テーマ ② 放射性廃棄物処理問題の解決を目指して(8000ベクレル以下も、以上も)
9月例会で、栗原市独自の対策として出されている、放射性指定廃棄物の減容堆肥化実験について検討しました。
実験が、目的とする「濃縮」と「希釈」は、逆のことなので、両立しない。放射能は、何をしても減らせない。人ができるのは形を変えたり移動することだけ。放射性物質の処分とは「まとめて管理」する以外にはない。薄めてばらまくのは、最悪です。植物は、土からよりも数十倍、堆肥や腐葉土から吸収しやすい。セシウム300㏃/kgの堆肥から植物が吸収するセシウムは、数千~数万㏃/kgの土と同じくらい。堆肥化は絶対にしてはならない。 
次回例会の「『核廃棄物の後始末をどうするか』―意見交換会in宮城・栗原」に向けての準備論議をします。
指定廃棄物だけではなく、福島原発事故全体や、原発災害の危険性(廃炉、再稼働等)など全体の把握と、数年、2~30年、50年、100年先まで見据えた時間軸の把握の中で行っていきます。議論を積み重ね、整理し、その中から解決への方向性を見出します。

11月は、いつもと時間と場所が変わります。
「『核廃棄物の後始末をどうするか』―意見交換会in宮城・栗原」
日程:11月12日(土)午後1時(12時半開場)~4時
会場:栗原市金成支所 金成ほたるホール
 栗原市金成沢辺町沖200 TEL:0228-42-1111 


毎月(第2土曜日午前10時~12時) 栗原市市民活動支援センターで、
月 例 会 を持っています。12月は、12月10日(土)です。
「 放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク 」
連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707
             E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp 
             ブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2016/09/22(木) 17:04:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11.12意見交換会の開催について | ホーム | 9月の月例会の案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuriharasimin.blog.fc2.com/tb.php/102-dbb12ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。