放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

放射能から子どもたちを守るために意見交換をする場所とする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017年4月学習交流会のお知らせ

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」か ら の お 知 ら せ 
栗原市長・市議会議員選挙予定候補者 に当会など4団体で、
「市民のいのちと暮らしを守り、子どもたちのいのちと未来のために」
平和・教育・環境問題について7項目の公開質問状を送付しました。

この4月には、栗原市の市長選挙と市会議員選挙があります。主権者は、私たち市民自身です。各候補者に対して、放射能対策と原発問題への姿勢について問いたいと思います。4団体で協力し、質問状 を作成し出しました。4月学習交流会(4月8日)で候補者の回答を公表し、評価・検討し、情報共有、意見交換・集約を行います。
東電福島第一原発事故由来の放射性廃棄物の管理・処分について、(8000ベクレル/kg以上、以下も)
国は、福島第一原発事故後、8000ベクレル/kg以下の放射性物質を含む焼却灰を一般ごみの灰と同じ処分場に埋め立ててよいことにし、さらに、放射性セシウム濃度が8000ベクレル/kg以下であれば、公共事業の盛り土等に再利用する基本方針も決めています。(本来は、100ベクレル/kg以下の利用)福島第一原発周辺の高汚染年20ミリシーベルト地域への住民帰還政策(本来は年1ミリシーベルト)も「これら基準以下については、国は補償する必要がなくなり、住宅支援も打ち切り、(被害を)なかったことにできる」ことを狙っています。まさに全国民強制被ばくの体制が作られつつあります。
今、多くの住民を放射能被ばくの危険に導く放射性廃棄物の「一斉焼却」を、国・宮城県は、市町村に強要してきています。放射性物質の管理・処分原則は拡散せず集中して管理することです。放射能封じ込めと賠償・補償中心に被害者救済に主眼を置いた福島第1原発事故後対策を再構築する必要があります。それまでの間、宮城県内の放射性廃棄物(8000ベクレル/kg以上、以下も)は、東電・国の責任で、当面、安全性を確保し県内分散管理を行うべきです。
放射能汚染から人と環境を守る「放射能汚染防止法」などの法整備
東電福島原発事故後に、環境基本法が改正されて放射能汚染は一応、公害となりました。しかし、国は法整備を怠っているため、汚染にも被ばくにも責任を負う法律がありません。そのため、被災者を追い詰める行政、規制なき放射能汚染物質の希釈・拡散・垂れ流しやりたい放題や原発再稼働の認可等が続いています。これらに歯止めをかけ、放射能汚染から人と環境を守り、子どもたちに安全な食べ物や環境を引き継ぐには、「放射能汚染防止法」などの法整備が絶対に必要です。
3月17日の原発避難訴訟判決で初めて国と東電の責任を認め賠償命令が下されました。しかし、賠償額を極端に低く見積もり、問題点の多い判決です。本来、こうした裁判で争う以前に国・国会は放射能汚染から人と環境を守るための法整備を行うべきです。
2017年4月栗原放射能ネット学習交流会 ㊾
「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場
4月8日(土) 午前10時~12時 資料代300円
場所 栗原市市民活動支援センター
(栗原市築館総合支所2階多目的室)
(栗原市築館伊豆2-6-1℡:0228-21-2060)
テーマ ① 平和・教育・環境問題についてー公開質問状回答(主に環境)の検討 
テーマ ② 放射性(指定)廃棄物管理・処分のあり方 

私たちの主張 (福島原発事故由来の核廃棄物問題の真の解決方法)
国の責任で発生元の東電福島原発に引き取らせ、そこで集中管理させること。
それには、周辺住民の合意が必要です。さらに福島と日本全体の合意も必要です。(当面は安全性を確保した県内分散管理を)
これらのために 福島での帰還政策の強要を止め、いのち・健康・暮らしを守る「人間の復興」への大転換を図ること。そのため 
1、被災者の権利とフクシマと日本全体を守る日本版「チェルノブイリ法」の制定を行うこと。さらに
2、悪法=特措法を廃止し、人間と環境を守る恒久的法整備=「放射能汚染防止法」(仮称)の制定を行うこと。
「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」
連絡先/本田敏夫
 TEL・FAX 0228-23-7707
 E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
 ブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/

スポンサーサイト
  1. 2017/03/22(水) 22:13:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 公開質問状を出しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuriharasimin.blog.fc2.com/tb.php/109-72917a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。