放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

放射能から子どもたちを守るために意見交換をする場所とする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年10月の定例会の案内

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」か ら の お 知 ら せ
二年半がたち、新たな危機的状況に入った福島原発、緊急事態にふさわしい挙国体制を
2011年3月11日の東日本大震災、福島第1原発事故から2年半がたちました。いまだに16万人が避難し、福島第一原発事故は、大量の高濃度汚染水が海に流出し、収束のめどすら立っていません。終わりのない福島大惨事、放射能汚染は長期にわたってつづき、何世代もの健康が危機にさらされています。すでに当事者東電を能力を失った東電を破たん処理し、国が全責任を負い、緊急事態にふさわしい挙国体制を作るべきです。放射性廃棄物(核のゴミ)はどんなに安全に処理しようとしても現代の科学技術レベルでは限界があり、最終処分場の選定もできません。この地震大国の日本で、原発を再稼働させることは、危険きわまりなく、放射性廃棄物の処理量を増大させ、次世代にツケを回すことになります。
市民のみなさん、「脱被曝」の実現=放射に安全なしきい値はありません。いのちと健康守るため、余計な被曝をさせないこと。そして、力を合わせ原発そしてあらゆる核を世界から一掃する努力をしましょう。

「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場
10月 例 会 10月12日 (土) 午前10時~12時(10月9日は間違いです。) 
 栗原市市民活動支援センター(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060) 
① 学 習 DVD上映「放射性廃棄物 ~終わらない悪夢~」(98分ですが、後半を中心に60分程度に短縮します)
 福島の原発事故で初めて脚光を浴びた核燃料プール。その中に眠る極めて危険な使用済み核燃料、それらの最終的な行き先は? 数十万年にもわたり放射能を撒き散らし続ける核廃棄物の最終的な処理方法も定まらないまま、未来に危機を先延ばしにして原発を推進してきた矛盾、その矛盾を知りつつ隠蔽を続ける原子力産業そして各国政府の[不都合な真実」を白日の下にさらした2009年ドイツ=フランス共同TV局アルテ社のドキュメンタリーです。内部被曝、低線量被曝の問題から、福島の汚染水処理などでその名を知られる世界最大の原子力企業アレバ社が行っている核再処理の実態までも丁寧に明かしていきます。原発は稼動する限り常に核廃棄物を生み出し続け、ひとたび原発事故が起これば瞬時に巨大な凶器となり牙をむきます。事故がない状態でさえも低レベル放射性物質の投棄などにより常に汚染を広げています。取材班は原発の生み出した過去の悲劇から未来に待ち受ける危機にまでタブーなく踏み込みます。これを見れば福島の事態が数年単位で収束するなどありえないことが誰の目にも明らかになります。
② 情報共有、意見交換・集約 食べ物検査から判ってきたこと。放射能自己防護ガイド作成。
味覚の秋です。でも、食べ物からの内部被曝に要注意!気を付けなければならないのは、キノコ、栗、柿…春のタケノコはどうだったのか?ネットで集約した食べ物検査結果を発表します。みんなで、分かっているデータを持ち寄りませんか?
栗原市に「注意喚起リーフレット」作成を要望しています。自分たちでも「私たちの放射能自己防護ガイド」を作ってみようということになりました。みなさんのアイディアを募集しています。
③ つながり、交流  要望書の回答分析。崎山さん講演会感想など。
9月2日に、栗原市における放射能対策を求める要望書(第7次)の回答が出ました。この分析と、9月14日の崎山比早子(さきやまひさこ)さん講演会の感想、ホールボディカウンターなど健康調査、子ども・被災者支援法の問題なども話したいと思います。
④ その他  10・11月を土壌・空間線量自主測定月間とします。
栗原市に市民からの土壌測定の受付を要望しています。しかし、まだ実現できていません。ネットでは、簡易の土壌測定と空間線量の自主測定をします。詳細は、事務局まで問い合わせを。
<予告> 11月例会(11月9日)は、「女川原発再稼働の問題点」女川原発の現状は?新たに危機的状況に入った福島原発と比較をしながら再稼働問題を考えます。講師は、高野 博(女川町議)さんです。
「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」は、どなたでも参加できます。(年会費1000円)
          こ の 後 も 毎 月 ( 第 2 土 曜 日 午 前 10 時 ~ 12 時 )
栗原市市民活動支援センターで、月 例 会 を持ちます。(出入り自由です。)
* 参加費:300円(資料代として)
* 会場には資料、汚染マップなどいろいろな展示を用意しています。     
* お子さん連れの方も歓迎します。(託児コーナーもあります)

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」
   連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707   E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
  「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」のブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2013/09/22(日) 22:43:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月の月例会の案内 | ホーム | 栗原市への要望(第7次)の回答>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuriharasimin.blog.fc2.com/tb.php/40-9298048c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。