放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

放射能から子どもたちを守るために意見交換をする場所とする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月の月例会の案内

 「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」か ら の お 知 ら せ  2015年9月23日発行
指定廃棄物最終処分場建設問題 栗原・加美・大和の3候補地とも「地すべりを抱える水源地・水系上流域で不適地」です。
8月末、環境省4度、詳細調査強行を図るが、加美町など強固な反対の前に挫折。特措法ではダメと証明。
8・31深山牧場前 白紙撤回と詳細調査断固反対を訴えるリレートーク 栗原でも頑張りました。(右下は市会議員の皆さん) 
震災から4年余を経過し、東日本各地に膨大な量の放射能汚染物があります。
国は、放射性汚染物質対処特別措置法(特措法)で、環境省を窓口に5県に指定廃棄物最終処分場を各1カ所建設するとしていました。
こうした中で環境省は、8月末、4度にわたり詳細調査強行を図るものの、加美町など強固な反対の前に挫折。特措法では事態は打開できないと証明しました。同様に他の4県でも合意が得られず暗礁に乗り上げています。放射能汚染物への対応にあたっては、集積・処理・保管などの各段階において、焼却などによって放射性物質の大気中への飛散や河川水や地下水に漏れ出してしまう二次汚染を防ぐことが重要です。強権的な詳細調査は、直ちに中止し、3候補地の指定を白紙撤回すること。そして、まず、放射能汚染物の一時保管の実態調査、8000ベクレル以下も含む全汚染物を国・東電が厳格に管理する道筋をつけることが肝要です。仙台での環境省の2回にわたるフォーラムは、一方的な説明で、参加した県民の疑問・問題指摘にまともに答えられず、大反発を呼びました。
今後は、処分の基本原則を確認する、一時保管の責任の所在、厳重化など問題の根本解決に向けての、公開で双方向的な建設的な意見交換の(一緒に考える)場の設定が求められています。

2015年 10月例会「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場
10月10日(土)午前10時~12時 
資料代300円(放射能汚染防止法(仮称)制定運動ガイドブックは別売りで200円)
場所 栗原市市民活動支援センター多目的室
 (栗原市築館総合支所2階)(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060)
テーマ ① 被災者への分断化攻撃と「被ばくの強要」に抗して(いのちと健康問題を中心に)
福島県の子どもたち約36万人の甲状腺を検査した結果、甲状腺がん・疑いは127名。「想定外」の多さです。(通常100万人に2~3人)福島県も因果関係は認めないものの甲状腺がんの医療費対象を約1700人まで確保しています。放射能の影響は、ガンばかりでなく体のあらゆる場所にも出てきます。私たちは、栗原でも子どもたちの甲状腺エコー検査を始めました。
加害者、東電・国・原子力ムラが、かけてきている攻撃=被災者を分断して国民に「被ばくを強要する」に対して、私たちは、「いのちと健康を守ること」を重視しています。
テーマ①では、冒頭に9月例会で上映できませんでしたNNNドキュメント「2つの“マル秘”と再稼働 国はなぜ原発事故試算隠したか?」(30分)を上映。その後、こうしたことについて話し合います。

テーマ ② 放射性廃棄物処理問題について
9月11日、市長に対し「候補地の白紙撤回(返上)、特措法廃止し放射能汚染物は東電・国に引き取らせること。実現に向け、市民の先頭に立って奮闘されることを要望」(裏面)しました。月例会では、その経過と今後について話し合います。
真の問題解決には、更に、大きな目標―恒久的放射能汚染防止法整備、放射性物質から人間と環境を守る法整備=放射能汚染防止法(仮称)制定を目指すことが必要です。日本弁護士連合会、原子力市民員会などから提言が出ています。相手は、環境省ではなく、国・国会です。憲法無視の安倍内閣のもとで、法的安定性を求められるのか?国の在り方そのものも変える必要があり、東日本各県等の市民運動と連携して大きな運動を作り上げていくことを皆さんと議論します。

毎月(第2土曜日午前10時~12時) 栗原市市民活動支援センターで、月 例 会 を持ちます。
(出入り自由、参加費300円)1、8月はお休み、11月は14日(土) です。

「 放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク 」
連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707
 E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
 ブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 18:33:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月11日栗原市長へ要請しました。 | ホーム | 9月の月例会の案内・資料>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuriharasimin.blog.fc2.com/tb.php/76-1ee2f910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。