放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

放射能から子どもたちを守るために意見交換をする場所とする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月の月例会の案内

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」か ら の お 知 ら せ

新たな被害拡大となる最終処分場建設反対! 候補地を返上し、白紙撤回を! 

悪法=特措法を廃止し、「フクシマと日本全体をまもる」新しいルールづくりに方向転換を!

2月4日、環境省は、茨城県では、指定廃棄物の分散保管を認めるという方向転換をしました。(それでも将来は、1か所に)しかし、他県に波及させたくないとし宮城県でも従来方針に固執し、量が減ったとしながら、集めたものを一般処理とし危険な焼却を勧めるという放射能汚染を拡げ、さらなる被ばく強要しようとしています。村井知事は、それに積極的に迎合しています。

真の解決方法は、人間と環境を守る恒久的法整備をすること、「フクシマと日本全体をまもるため」の新しいルールづくりに方向転換し、放射性廃棄物は、東電・国に責任をもって引き取らせるしかありません。

2016年3月例会㊴「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場

3月12日(土) 午前10時~12時 
資料代300円(放射能汚染防止法(仮称)制定運動ガイドブックは別売りで200円)
場所 栗原市市民活動支援センター
(栗原市築館総合支所2階多目的室)
(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060)
テーマ 
① 放射性(指定)廃棄物管理・処分のあり方 
◎ 12月25日 原子力市民委員会の提言「核廃棄物管理・処分政策のあり方」の議論の継続、
◎ 2月16日「放射能汚染防止法」制定を求める院内学習会の紹介。
(動画https://www.youtube.com/watch?v=2eejuQvnOUAを含めて)
私たちは、宮城県内外で市民的議論を積み重ねてきました。2013年9月には、原子力市民委員会を招き「原子力政策、福島の被害状況・健康被害問題、放射性廃棄物管理・処分問題」の意見交換を行いました。その12月には、全国の市民に寄り添う科学者・専門家の方々に、依頼を発信しました。その一つが、放射性廃棄物の種類と量「その安全な処理はどこでどのようにすべきか?」「焼却でない技術的解決策、法制的な改正」等です。
12月25日、原子力市民員会は、衆議院第一議員会館で、提言「核廃棄物管理・処分政策のあり方」を発表しました。その内容は、指定廃棄物だけにかかわるものではなく、福島原発事故による大量の事故廃棄物全体(核燃料デブリ、汚染水、降下物など)が、本来あるべき遮蔽なども施されていない「むき出し」の状態で放置されているため喫緊の課題となっていることに対してです。また、全国各地の原発や核燃サイクル施設などで現在保管されている核廃棄物の問題、原発再稼働あるいは廃炉問題にもかかわってくるものです。このように原発問題の全体の所在とその解決を、大局からとらえた画期的なものになっていました。2月例会においてこの12月25日の模様を報告し、提言の配布を始め、意見交換を始めました。3月例会では、更に議論の積み重ねを行います。
昨年の4月例会で、放射性物質の基準と罰則を科す放射能汚染防止法制定を提案してもらいました。この法案の提唱者である札幌の山本弁護士による「放射能汚染防止法」制定を求める(参議院)院内学習会が、2月16日開催されました。同日環境省交渉も持たれました。そこでは、8000ベクレル/㎏の根拠も示せず、放射能汚染に真面に向き合おうとせず、国民を被ばくさせていることに無自覚、無感覚な実態が明らかになりました。放置できない現状の改革には、法整備が不可欠になっています。
更に、栃木県の塩谷町(栃木県の最終処分場候補地)の提案(概要―当面は、市町1箇所にボックスカルパート等の方式で安全な集中保管・管理を行うこと。長期にわたって減衰が見込めない指定廃棄物については、国が推進している帰還政策を見直しさせた上で、フクイチ現地に集中保管・管理してはどうか)の検討も行います。

テーマ ② 4月からの電力小売り自由化にどう対処するか?これは4月からも継続して取り上げます。今回は少しだけです。

毎月(第2土曜日午前10時~12時) 栗原市市民活動支援センターで、
月 例 会 を持ちます。(出入り自由、参加費300円)1、8月はお休み、4月は9日(土) です。

「 放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク 」
連絡先/本田敏夫 
 TEL・FAX 0228-23-7707
 E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp 
 ブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 21:06:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年4月の例会案内 | ホーム | 甲状腺エコー検査日程の変更>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuriharasimin.blog.fc2.com/tb.php/95-aae85582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。