放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

放射能から子どもたちを守るために意見交換をする場所とする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月の月例会の案内

7月の月例会はいどう市民セミナーを中心に行います。テーマは放射能について「食品汚染と県境影響を重点に」です。栗原市役所放射線対策室から3名の職員によってセミナーが行われます。後半30分程度は6月26日に行われる甲状腺エコー検査の結果についてもお知らせします。まだ余裕がありますので、申し込みをしてください。栗原市議会での議題についても触れる予定です。急きょいどう市民セミナーが決まりました。時間配分が読めないので、臨機応変に対応したいと考えています。
福島での帰還政策の強要を止め、いのち・健康・暮らしを守る「人間の復興」への大転換を 被災者の権利とフクシマと日本全体を守る日本版「チェルノブイリ法」の制定を
悪法=特措法を廃止し、人間と環境を守る恒久的法整備=「放射能汚染防止法」(仮称)の制定を
2016年7月例会㊸
7月9日(土)午前 10 時~12 時 資料代 300 円
(「核廃棄物管理・処分政策のあり方」別売 200 円)
場所 栗原市市民活動支援センター
(栗原市築館総合支所2階 支援センター多目的室)
(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060)
テーマ ① 放射能被ばくの強要に対処する いのちと健康・食の問題を中心に
放射能は生命と相容れません。どんな微量でも放射能の被害は出てきます。 放射性指定廃棄物の8000ベクレル/㎏は、何の根拠もなく危険です。 国は、3.11 以前の放射性汚染物を取り扱う基準 100 ベクレル/㎏を 80 倍の 8000 ベクレル/㎏にしました。 今、8000 ベクレル/㎏以下の汚染土を全国の公共事業に使おうとしていま す。全国に放射能被ばくを強い、環境を汚染するものです。 6 月例会で、吉田由布子さんに「放射能汚染が未来世代に及ぼす」ことを話 していただきました。福島での子どもたちの甲状腺ガン悪性・悪性疑いは、さら に増えて172人になっています。(今回増加した6人中、A1判定からが3人も)福 島県以外でも宮城県丸森町でも2人、茨城県北茨木市で3人出ています。 5年経ったこれから本格的な健康被害の広がりが、子どもたちの甲状腺ガン 以外でも、福島県以外でも懸念されます。 6月26日には、栗原でも私たちの主催で甲状腺エコー検査を行います。国に責 任をもって子どもたちの健康を守らせていくためにもこの市民団体主催の甲 状腺エコー検査にご協力ください。
連絡先 放射能問題支援対策室いずみ 022-796-5272
5月例会で、季節のタケノコ、山菜、野菜などの食のベクレル情報の交換、提示を行いました。 その時、宿題となっていました食の検査体制(一般、学校給食など)の問題の報告を行います。
テーマ ② 放射性廃棄物処理問題の解決を目指して(8000ベクレル以下も、以上も)
指定廃棄物だけではなく、福島原発事故全体や、原発災害の危険性(廃炉、再稼働等)など全体の把握と、数年、2~30年、50年、 100年先まで見据えた時間軸の把握の中で行っていきます。議論を積み重ね、整理し、その中から解決への方向性を見出します。
毎月(第2土曜日午前10時~12時) 栗原市市民活動支援センターで、 月 例 会 を持ちます。
(出入り自由、気楽に参加下さい。参加費300円)
1、8月はお休み、9月は10日(土) です。
「 放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク 」
連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707
E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
ブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2016/06/23(木) 22:07:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<署名の提出 | ホーム | 6月の月例会の案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuriharasimin.blog.fc2.com/tb.php/99-de51731e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。